初めて当院を受診される方専用 24時間ネット予約

ソフロロジー式分娩法

診療内容について

当院では、1999年からソフロロジー式分娩法を導入し、スタッフ一同、一生懸命取り組んでおります。

この分娩法は1976年にフランスでできあがりました。日本には1987年に松永昭先生(故、日本ソフロロジー法研究会名誉会長)によって導入され、日本ソフロロジー法研究会が設立されました。
日本ソフロロジー法研究会(http://www.sophrology.jp/top.html)

2006年からは、院長(竹内肇)が日本ソフロロジー法研究会から理事に選任され、また福岡エリアの研修指定施設(他院の医療関係者が研修する施設)にも指定されております。

ソフロロジー式分娩法の特徴

ソフロロジー式分娩法の特徴は驚くほど陣痛が軽く感じられ、リラックスしたお産ができることです。麻酔薬などを使わなくても、初産婦さんでも赤ちゃんを産み終えるまで「痛い」という言葉を一度も発することなく顔さえもしかめないことが珍しくありません。

しかしソフロロジー式分娩法の本当の目的は陣痛を軽くすることではありません。分娩の時、陣痛が軽くなることは副産物なのです。では真の目的とは何でしょうか。それは妊娠中から、妊娠、出産(陣痛)、そして育児に対して前向きで、プラス思考のイメージトレーニングを行うことを通してお母さんたちの心のなかにある母性愛を育み、育児に対して前向きな気持ちを持つことなのです。そして出産後「赤ちゃんがかわいくてしかたがな 。育児が楽しい。」と思えることなのです。

当院でこの方法を実践するようになってから、産婦さんたちは赤ちゃんと二人で陣痛を受け入れ、乗り越えていかれます。精神的にリラックスし、ゆとりをもって出産の充実感、喜びをかみしめておられます。

そして妊娠中から高めた母性愛は、次に待っている育児のための大きな力になっていきます。

最終的には、この分娩法を体験することにより、人生を前向きに生きるポジティブ・シンキングを身に付けることができます。

ソフロロジー式分娩法の講習会について

当院で開いているソフロロジー講習では、ソフロロジー式分娩法の歴史、母性愛の大切さ、イメージトレーニングの意義や方法などをお話しています。
そして産前のトレーニング(イメージトレーニング、ソフロロジー式分娩法特有のエクササイズ、分娩時の呼吸法など)を練習していただいております。
私たちは心から、この素晴らしいソフロロジー式分娩法を体験して頂きたいと願っております。
現在、ソフロロジー式分娩法の講習会は、新型コロナウイルス感染対策のためお休みしております。
その替わりに、講習会の内容を動画に致しました。QRコードで読み込み、携帯電話で見ることが出来きます。
また大事な内容を直接お伝えでき、その場でご質問をして頂ける、ZOOMを用いたミーティングの形で、講習会を始めております。